債権回収で揺さぶる

債権回収で弁護士に依頼すると良いのは、相手に弁護士の存在を知らせることでこちら側の本気を見せることができるためです。債権回収の内容としては、個人間の借金や慰謝料、商品の売買代金から、企業間の売上金や売掛金、貸付金の返済、土地やものの賃料や人材派遣料とさまざまです。

しかし、基本的には警察などが介入することができないタイプのものであり、自ら働きかけてお金を回収することが必要となります。訴訟を行うこともできますが、これも自分たちが申し立てをしなければいけません。そのため、それをサポートしてくれる弁護士の存在は大きなものなのです。

弁護士が最初に役立ってくれるのは、督促を行うタイミングです。督促や請求書の送付は何度も試しているのに、相手からの反応がないといった場合、弁護士の名前で送られた督促というものが効果的に働きやすいものです。内容証明郵便での督促を行う人は多いものですが、それを受け取ったからといって相手が素直に支払ってくれるとは限りません。むしろ、無視されてしまうケースが多くあります。しかし、弁護士の名前で送ることで、裁判に発展するかもしれないという恐れを相手に抱かせることができるかも知れません。